50代女性黒のフォーマルスーツを夏でも涼しく着るコツはある?

フォーマルスーツと言えば黒が定番ですが、夏は黒い服を着ているととても暑いですよね。

さらにフォーマルスーツは普段の洋服と比べても、生地がしっかりとしているため、体の内側に熱がこもってしまい、なかなか涼しく着こなす方法がありません。

しかし、

・夏に結婚式に呼ばれている。
・イベントなどでフォーマルスーツを着用する機会がある。

こんな50代の女性にも必見!
黒のフォーマルスーツを夏でも涼しく着こなすコツについて、今日はお話ししていきます。

最近ではオールシーズン用ではなく、夏用と冬用でフォーマルスーツを買い換える方が増えています。

その理由は生地を見ていくと一目瞭然ですが、夏用と冬用では素材が大きく異なるからです。

冬はアクリルやウールといった素材がよく見られますが、夏のフォーマルスーツは暑さ対策が考えられた夏専用の素材を使っていることが多く、風通しの良いものが選ばれています。

そのため、夏にフォーマルスーツを着用する機会が多い場合には、夏専用の素材を使っているフォーマルスーツを1着持っていると便利です。

続いて見た目です。

夏に黒いフォーマルスーツを着ていると、ついつい暑苦しく見えてしまいますが、少しでも涼しく見せるためには素材やデザインを活用することが重要です。

例えばレースやシフォン素材を部分的に使っているフォーマルスーツは、見ているだけで涼しげです。

また、フォーマルスーツは基本的に長袖が多いのですが、ジャケットを七分丈のものに変更するだけでも涼しげに見えるため、できるだけジャケットとワンピースの2つのセットになっているものを選ぶと長く使いこなすことができます。

50代の女性があまり手足を露出するのは見た目が良くないため、なるべく涼しい素材を活用しながら肌は極力隠すのがベストです!

デコルテ部分はVラインに見せる方が縦長効果ですっきりと見えるため、体型が気になっている方にもオススメです。

黒いフォーマルスーツは見ているほうも暑苦しく感じてしまうことがあるため、このように一工夫加えながら涼しさを演出することにより、爽やかさを出すことができます。

また、すべて黒で統一してしまうと全体的に印象が重くなってしまうため、黒いフォーマルスーツを着用している場合には、小物は違う色を持ってくるのが良いでしょう。

例えばバックやパンプス。

このような小物の色をベージュやキャメルなどに変えることにより、全体的なシルエットを軽やかに見せることもできます。

屋外でフォーマルスーツを着用する場合には、日傘を明るい色にするのもオススメです。

また、これは50代の女性だけではなくすべての年代の女性に当てはまることですが、同色で全てを統一してしまうよりも、差し色を加えることによりおしゃれに見せることができるため、色のバランスを考えながらぜひ取り入れてみてくださいね。

詳しくは→上質ブラックフォーマル

us